楽にドッグサロン
楽にドッグサロン
ホーム > 妊活サプリ > 具体的な一日の葉酸摂取量とは?

具体的な一日の葉酸摂取量とは?

妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。

 

普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも多いと思います。

 

しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから熱を加えてしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。

 

一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。

 

その理由は、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中には十分に葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。

 

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が知られるようになってきました。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

 

具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

 

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸の摂取を心がけてみてください。

 

男性不妊の妊活サプリランキングについて。